GoogleMapsAPIs

subpage01

GoogleMapsAPIsとは、Googleが提供するグーグルにおけるAPIのことを指し、ソフトウェアの機能を共有することができるものです。


ソフトウェアの機能を共有することによって、外部から誰でも利用できるメリットが発生します。

それには、利用者自身がソフトウェアを公表する必要があり、共有する仕組みを形成する必要があります。

Google Maps APIs Premium Planの為になる情報です。

ソフトウェアの公表といっても一部なので、必要以上の情報を公開する心配はありません。
GoogleMapsAPIsはいわば仕様書として位置づけられ、特定のルールに従って機能されるプログラムとなっています。
かつて、ソフトウェアを開発するに至ってはプログラムを作成する必要があり、コストも手間も相当かかるものとして扱われていました。



APIという概念では、そういった手間を省くことによってアプリの使用ができ、誰にでも簡単にサービスが得られるようになりました。
しかも、利用料などの制約は一切なく、Webサイトにおける拡張性をもたらしてくれます。GoogleMapsAPIsを一言で言えば、「Webページにグーグルマップを表示させる」機能になります。


Webページにグーグルマップを表示させることで、アクセスが容易となるだけでなく、的確な会社の情報を網羅することも可能になります。



しかも、Webページにグーグルマップを表示させることが、不特定多数の人間と地理的情報を共有することになっています。

なお、この共有した情報には工夫を凝らすことで、付加価値をつけるツールとして大いに活用することができます。